鉄筋コンクリート造の安心・安全な防災シェルターのことなら株式会社未来を創る

当社の特徴

地震・噴火・竜巻・台風など災害から日本の未来を担う子供たちを守ります。

  1. 鉄筋工事業者が造る防災シェルター
  2. 防災シェルターの無料見学
  3. 一体型防災シェルター
  4. BCP(事業継続計画)の拠点として

鉄筋工事業者が造る防災シェルター

弊社の防災シェルターは簡易的な防災シェルターではありません。最も耐久性がが高く、安全な鉄筋コンクリート造の防災シェルターをご紹介しております。長年の経験を持つ鉄筋建設工事業者でもある弊社が、ご案内する防災シェルターは、設計・販売・施工・アフターサービスにいたるまで、ワンストップにて行うことが出来ます。間に他社を挟まずに、余計なコストをかけずに高品質な防災シェルターのご紹介を致します。皆様のご要望に合わせて、地下型・地上型の2タイプからご紹介できます。

防災シェルターの無料見学

株式会社未来を創るでは、自社敷地内に実際と同じ機能を持つ防災シェルターを「モデルシェルター」として設置しております。まだ日本に馴染みの少ない防災シェルターですが、弊社のオリジナル防災シェルター「The Future Ark」を存分に見学してください。ご見学希望の際はご予約が必要となりますので、弊社までお気軽にご連絡ください。

一体型防災シェルター

個別に製作する防災シェルターのニーズに対応することができる防災シェルター業者は、他社でも存在しますが、新築時やリフォーム時に防災シェルターを設計し工事できる業者は限られています。株式会社未来を創るは建設業・鉄筋業・シェルター事業と自社で取り扱っていますので、マンションやビルの新築時に防災シェルターを導入し、普段はジムや各種教室・展示場などに有効活用し、災害時には防災シェルターとして利用するご提案などが、ワンストップで行えます。

BCP(事業継続計画)の拠点として

企業は、ステークホルダー(利害関係者)、すなわち従業員、顧客、取引先、仕入先、消費者、株主、地域社会、自治体や行政などに対してCSR(社会的責任)を果たすよう求められています。

1.従業員や来訪者(工場見学など)に死傷者が出る。
2.取引先に納品期限までに商品が間に合わない。
3.仕入れ先の被災による原材料の確保ができない。

など、その企業の社会的責任を果たせない場合、損害賠償請求を受ける場合もあります。そうならないためにも、積極的に対策を立てなくてはなりません。いわゆる、BCP(事業継続計画)の策定と、実行が求められているのです。株式会社未来を創るでは、企業のBCP対策の拠点としてThe Future Arkをお勧めしています。鉄筋コンクリート造の防災シェルターの活用で様々な対策が可能です。

<シェルターの役割>
1.従業員等への安全配慮(パート・出向者を含む)
2.来訪者(工場見学など)への安全配慮
3.ライフライン対策(電力、水、情報の保全)
4.対策実行拠点の確保

<シェルターの活用>
シェルター構造の社員食堂・カフェ
非常時には、備蓄倉庫 兼 帰宅困難者の生活場所として利用
シェルター構造の会議室
通常は、会議室として活用、同時に一角にサーバー設備を設けることで企業の財産である情報を守ることができます。